■五季のめぐりと心身のめぐり講座■
〜太陽のリズムに沿ったマクロビ的フードセラピー〜

「陰陽五行」は
”自然界と私たちがつながっていること”を
教えてくれる


陰陽五行では、
自然界を構成する5つの物質
『木・火・土・金・水(もっかどごんすい)』と、
『春・夏・土用・秋・冬』という
5つの季節が連動しています。

また、『肝・心・脾・肺・腎』という臓器と、
その臓器がつなぐ「経絡」とが
連動していることを示してくれています。

この5つの物質と
季節と私たちの臓器(経絡)の関係を読み解きながら
不調の根本的な原因と、
改善のための食による改善法を見つけ出しましょう。

体調管理や体質改善
ダイエットにも応用することが出来ます。

「相生・相克の関係」を見る陰陽五行の図

 

 

陰陽五行の変形「五行土王説」で
季節に共鳴する臓器をケアする。


季節に共鳴する臓器(経絡)を癒す、
フードセラピーを実践するために、
季節がめぐるための中心軸を示した、
「五行土王説」を参考にしていきます。

この図に沿って
季節に対応する臓器を癒す
食材、食べ方、心のあり方をお伝えしていきます。

季節を生み出す太陽のリズム、
月日を生み出す月のリズムといった
自然のリズムと、
心と体が共鳴しやすくなっていきます。

「季節の移り変わりと季節ごとのお食事」を見る
陰陽五行の図(五行土王説)

 

体のめぐりと自然のめぐりを
シンクロさせて
美しく健やかな毎日を


さあ、
陰陽五行を元に、
自然のリズム、宇宙のリズムに即した
マクロビオティック的な
フードセラピーを始めていきましょう。

自然のリズムと共鳴していくと、
「深い安心感」を持って
毎日を暮らすことができるようになってきます。

あなたの不調が根本的に解決していき、
心も体も暮らしも生き方も、
美しく健やかに軽やかに
変わっていくための講座です。

 

2020年

5月開講・春期生募集中です!

講座の概要

■ 開講日  2020年4月より毎月1回(第3水曜日)
コロナウィルス感染防止のため、開講を5月からに延期いたしました。

■ 受講回数 全6回:基本的には6回全てにご参加いただいております。

■ 2020年春募集の開講日程

第1回:5月20日 陰陽・陰陽五行・体質について

第2回:6月17日 『春』〜肝・胆のう系〜

第3回:7月15日 『土用』〜胃・脾臓(すい臓)系〜

第4回:8月19日 『夏』〜心・小腸系〜

第5回:9月16日 『秋』〜肺・大腸系〜

第6回:10月21日 『冬』〜腎・膀胱系〜

*春編・夏編・秋編・冬編には、マクロビオティックスイーツが付きます。

 

■ 募集人数 5名様→残席1名様

■ 開講場所 千葉県柏市 trois(トロワ)の教室

■ 開講時間 10:30〜約3時間/各回

■ ご受講料 48,000円(全6回分・税別)全6回のテキスト・スイーツ(2〜6回分)込み

■ お支払方法(全6回ご出席の方)

○ご一括:消費税分をお引きします。
通常48,000円+消費税(10%)=52,800円のところ48,000円

○講座ごとのお支払い:8,000円(税別)となります。

 

■ 単発でのご受講をご希望の方へ

○単発でのご受講料とお支払い
「冬編だけを受けたい」「基本講座のみ受けたい」等、
単発での受講をご希望の場合、9,000円(税別、テキスト・スイーツ代込)/1回とさせていただきます。

*過去にこの講座をご受講いただいた方で、再度単発でご受講をご希望の場合、
6,000円(税別、テキスト・スイーツ代込)/1回とさせていただきます。

○単発での受講の場合のお申し込み期限
講座日の10日前にはお申し込みフォームにご記入の上、
お申し込みください。

※お申し込みフォームに、ご希望の回をチェックしてください。

 

 

こんな方におすすめです

○ 常に体の不調を抱えているが、何が原因なのかわからない方。

○ お医者様やお薬に頼る前に、食べ物でご自身の体を整えてみたい方。

○ お食事よる体質改善にご興味がある方

○ あふれる食の情報に左右されないブレない心を保ちたい方

○ 自然なお食事によるダイエットにご興味がある方

○ 自然食にご興味がある方

○ 食と心の関係についてご興味がある方

○ 陰陽や陰陽五行について知りたい方

○ マクロビオティックのお食事にご興味のある方

○ マクロビオティックの理論について学びたい方、復習したい方

○ 旧暦や昔ながらの暮らしの知恵などに興味がある方

 

 

カリキュラム

第1回:【基本講座】陰陽と五行、体質を知る

○陰陽とは?

○暮らしの中に見る陰陽

○陰陽で見るあなたの体質

○陰陽五行の2つの図を理解しよう

○五行色体表って?

○マクロビオティックとは?

 

第2回:【春編〜肝・胆のう系〜】の経絡を知る

○春と五行

○木に配当される臓器と五行における働き

○肝臓と胆のうの現代医学的な働き

○肝・胆のう系に負担をかける、食べ物と食べ方

○『金克木』について

○肝・胆のう系が弱った時の症状(望診も含む)

○肝・胆のう系が喜ぶ、食べ物と食べ方

○肝・胆のう系を整える「心のあり方、暮らし方」

*春のマクロビスイーツで小さなお茶会

 

第3回:【土用編〜胃・脾臓(すい臓)系〜】の経絡を知る

○土と五行・土用の期間と特徴

○土に配当される臓器と五行における働き

○胃・脾臓(すい臓)が弱ると、いつどんな症状が出る?(望診も含む)

○すい臓の働きを詳しくみてみよう

○白砂糖の害

○胃・脾臓(すい臓)系に負担がかかる食べ物、食べ方

○胃・脾臓(すい臓)系が喜ぶ食べ物、食べ方

○胃・脾臓(すい臓)系を整える「心のあり方・暮らし方」

*土用のマクロビスイーツで小さなお茶会

 

第4回:【夏編〜心・小腸系〜】の経絡を知る

○夏と五行

○夏に配当される臓器と五行における働き

○心・小腸系が弱った時の症状は?(望診も含む)

○心に負担がかかる食べ物、食べ方

○心が喜ぶ食べ物、食べ方

○小腸についての基礎知識

○「心」と「小腸」の重要な繋がり

○腸内環境と脳内環境の関係

○「心」と「小腸」のもう一つの重要な関わり

○心・小腸系が喜ぶ食べ物、食べ方

○心・小腸系を整える「心のあり方、暮らし方」

*夏のマクロビスイーツで小さなお茶会

 

第5回:【秋編〜肺・大腸系〜】の経絡を知る

○秋と五行

○秋に配当される臓器と五行における働き

○肺・大腸系が弱るとどんな症状が出る?(望診含む)

○肺・大腸系と肝・胆のう系の関わり

○肺・大腸系に負担がかかる食べ物、食べ方

○肺・大腸系が喜ぶ食べ物、食べ方

○肺・大腸系を整える「心のあり方、暮らし方」

*秋のマクロビスイーツで小さなお茶会

 

第6回:【冬編〜腎・膀胱系〜】の経絡を知る

○冬と五行

○冬に配当される臓器と五行における働き

○腎臓の主な働きと内分泌系の関わり

○副腎とストレス・視床下部

○環境ホルモンと冷えが腎臓に及ぼす影響

○腎・膀胱系に負担をかける食べ物、暮らし

○自覚症状チェック

○腎・膀胱系を整える食べ物、食べ方<塩味と亜鉛>

○腎・膀胱系を整える食べ物、食べ方<小豆と旬の野菜>

○腎・膀胱系を整える「心のあり方、暮らし方」

*冬のマクロビスイーツで小さなお茶会

 

受講生さまの声

2019年は2ヶ月に1回のペースで講座を実施。
偶数月に実施する回と、奇数月に実施する回で開講しました。
アンケートにご協力いただいた方々からの
ご感想を一部ご紹介します。

 

奇数月の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

偶数月の皆さん

 


 

 

 

 

陰陽五行とは何か?を知りたくて、
今回の受講で”?”だったことが
少しづつクリアになりました。色々なことが線でつながり、
最終的には一つのことに繋がるところに、
面白さを感じました。

人間が自然界の一部、
もしくは宇宙の一部であることを強く感じました。
そこからの体のケアや食事への対応、
奥が深いですが
取り入れるとさらに
日々の生活が豊かになると思います

東京都 由紀子さん

 


内容量が深い。
今までなんとなく知っていたことが
より理解を深められて、
素晴らしい講座です。
全ては繋がっていると、改めて思いました。

新潟県 陽子さん

 

 


まず、陰陽五行について、
漠然としたものでしかイメージできなかったのですが、
三知代さんのお話とわかりやすい資料で
理解が深まったと思います。
宇宙、自然、人間が一体となっていて
普遍的な物だと知り、奥が深いと思いました。
〜中略〜
食については、私の花粉症の原因がわかりました。
症状だけで「これを摂れば良い」
などといったものではなく、
もっと全体をみていかないといけないと思いました。
本当に奥が深くて素晴らしい内容だと思います!
マクロビスイーツもおいしかったです。

千葉県 かおりさん

 


更年期以降の方へ、内臓の位置を正し、
基礎代謝をアップさせる痩せやすい体質を作る
美容矯正トリートメントをやっています。
解毒を促し、代謝をアップさせるために、
内臓(肝・脾・副・腎・肺・心)の順で
操作していくのですが、
なるほど中身が詰まっている
五臓にアプローチしていくのだと知り、
とても嬉しくなりました。
理解することが出来、大変勉強になりました。
自分が行っている手技にも
自信を持つことが出来ました。
本当にありがとうございました。

東京都 明日香さん

 

お申し込み

講座へのお申し込みはこちらの「お申し込みフォーム」からお願いいたします。

お申し込みの前に、ご質問やご不安な点がございましたら「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。