troisのマクロビオティック的フードセラピーのこと

 

troisのフードセラピー

「フードセラピー」などというと、何か特別な食べ物や、高価な食品、サプリメントのようなものを使うでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。troisが考えるフードセラピーは毎日のお食事そのものが癒し。毎日の食べるものがあなたの細胞を修復し、元気付け、毎日のお食事を整えていくことで心と体のバランスを整え、癒し、あなたが常に、健康で美しい状態であるようにサポートするものであると考えます。

 

「You are What you eat.」
私たちの体は、食べたものでできている。

忘れていませんか?
あなたの体は、あなたが毎日食べているものから創り上げられています。食べたものは、あなたの細胞となり、血肉となって日々あなたの体を正常に健康に保とうとしてくれています。また、体は心の入れ物であり、どんな体で生きていくかはあなたの心の状態にも大きく影響しています。

食べ物は、いわゆるカロリーや栄養素といった数値化された目に見える世界だけでなく、食べ物を作ってくれている農家の方の手間ひま、そして降り注ぐ太陽や雨風、大地のエネルギーなど、その食べ物ができるまでにかけられたエネルギーが凝縮されたもの。そのエネルギーの凝縮体が食べ物であり、私たちはそのエネルギーをいただいて、私たちのエネルギーに転換していると言えるのです。

車のガソリンのように、出来上がった部品にエネルギーをいれれば良い、というものではなく、私たち人間は、食べたもので、体という部品そのもを創り上げています。そして、体は心の入れ物。活力や精神力といった、心の在り方も食べ物から得ているのです。ですから、「何を食べるか」ということは、「あなたがどうありたいか」ということに大きく影響してきます。

 

マクロビオティックの
3つの考え方

「何を食べるか」について、troisのフードセラピーはマクロビオティックを提案しています。マクロビオティックには、基本となる3つの考え方があります。

*一物全体
これは「自然からの丸ごとの命」をいただくこと。

お米で言えば、精白された白米は水につけると腐ってしまいますが、玄米は水に浸けておくと、条件さえ良ければ「発芽」します。
つまり、玄米の様に皮付きのもの、命そのままのものには次の命を育む「命」と「パワー」があるのです。

 

*身土不二
生きている土地で育つ作物や穀物いただくことが健康で在るために大切であること。

例えば、スーパーには真冬でも南国産のフルーツや、夏に出回るはずの夏野菜が年中並んでいます。真冬にそれを食べることは、本当に体が喜んでいるのでしょうか?南国の食べ物には南国に住む人々の体を快適にしてくれるものです。夏には熱を発散させてくれるもの、冬には熱を蓄積してくれるもの、という様に、その土地、その季節によってできる作物にはその風土や気候に合う様に、体を整えてくれる作用があります。

また、日本人には日本人のDNAが喜ぶ基本の食べ物があります。どんなに医療が進歩しても病気の数が減らないのは、食の欧米化が原因の一つであることは周知の事実です。その土地にあったもの、季節にあったものを食べること、日本人が昔から食べてきた基本食に戻ることがとても大切であることが「身土不二」からわかります。

また、マクロビオティックでは有機無農薬栽培など、手間暇かけて作られた野菜や穀物、伝統的な発酵食品、伝統的な製法で作られた調味料などを、毎日のお食事に取り入れていきます。それは、私たち日本人がもともと持っているDNAが喜ぶ食べ物であり、作る人たちの土地への愛、素材への愛、気候風土への愛、がたくさん詰まったとてもパワフルなエネルギーの高い食べ物なのです。

 

*陰陽調和

「陰陽」とは相反する力でありながら、片方だけでは存在できない大きなエネルギーのこと。プラスとマイナスをイメージしていただくと良いかもしれません。この陰と陽のエネルギーは「無」から「宇宙」という目に見える世界を作り出した壮大なエネルギーであり、常に循環しています。地球にはもちろん、地球に四季をもたらしてくれる太陽、日月を知らせてくれる月にもこの陰陽のエネルギーが作用しています。地球の物質、人の体質、食べ物にもこの「陰陽」という物差しで捉えていくことができるのです。陰陽調和という考え方を元に自分の体質の陰陽に、季節の陰陽、食べ物の陰陽とを調和させることで、体と心が心地よく暮らすことができる様になってきます。

 

マクロビオティックのお食事は、命のあるパワフルでエネルギーの高い食べ物、日本人のDNAが喜ぶ愛に溢れたエネルギーの高い食べ物を、食べることで宇宙のエネルギーとシンクロできる、ナチュラルコンシャスで、自然の力強いエネルギーに満ちたお食事です。口にしただけで、心がホッと癒され、
安心感と充足感、幸福感に満ちた状態をになります。このことが「食によるセラピー効果」を生み出すのです。

 

 

”コスモビオティック”としての
マクロビオティック

「私たちが宇宙の産物」であるとことは、地球や宇宙を構成する元素と私たちを構成する元素が同じであることからもわかります。私たち人間も、地球の元素が作り出した「地球の産物」であり「宇宙の産物」なのですね。

宇宙のリズムは狂うことなくある一定の定数を持って美しく循環しています。地球が宇宙の法則にしたがって健全に生存しているように、地球、太陽、月のリズムが織りなす、自然のリズムに沿った食べ方、生き方は、宇宙と同じ60兆個とも言われるあなたの体の細胞一つ一つが喜び、光り輝く星のように、体の中から美しく変わっていくためのエネルギーとなってくれます。

私たち人間も宇宙の法則にしたがって、母なる地球が織りなす、自然のリズムに寄り添って生き、食べ、暮らすことで「健康で美しく自分らしく生きる」ことができると考えます。

病気や心身の不調に悩まさせるのはこの宇宙の法則からかけ離れてしまったことを体、心がその症状を持って知らせてくれているのです。

マクロビオティックは宇宙の美しい自然の法則に沿った食べ方、生き方を実践することで、思うような人生を生きていこうとする哲学であり、コスモビオティック(宇宙的生物学)ともいうことができます。マクロビアン(マクロビオティックを実践する人)は単なるベジタリアンではありませんし、動物愛護や宗教上の理由から単に動物性食品を食べないようにするビーガンベジタリアンとは似て非なるものと言えるのです。

もちろんヴィーガンベジタリアンをはじめとする、他のベジタリアンの方々の考えを否定しているわけではないので、誤解の無いようにしてくださいね。

 

情報に流されない
普遍的な価値観と柔軟な心で

自然のエネルギーが凝縮した、パワフルでエネルギーが高く、愛や手間ひまが詰まった食べ物たちは口にしただけで、心と体が喜びます。それはチョコレートを食べて幸せになる気持ちとはまた違う、もっと本質的な喜びです。そんな喜びを多くの方に知っていただけるように、宇宙の法則という普遍的な価値観を身につけながら、自然な美しさと健康美に輝くための食べ方、暮らし方を実践できるようにレクチャーしていきます。

でも、マクロビオティックって〇〇はダメ、〇〇はダメって結構厳しいんでしょ?

そんなことはありませんのでご安心を。マクロビオティックは決してダメダメのお食事法や生き方ではありません。まずは、今の自分が自然のリズムとブレてはいないか?を考えていきます。究極は「何を食べても健康でいられる」それがマクロビオティックなのです。

自然界も美しいリズムを刻みながらも「ゆらぎ」を持つ様に、まずは普遍的な価値観を持ちながら、柔軟な心を持って楽しんでしんでお食事ができる様にしていきましょう。

 

 

自然のめぐりと共鳴する
私たちの心と体

フードセラピーのよりどころとして採用しているのが、宇宙の法則をよりわかりやすく図式化した「陰陽五行」です。

 

東洋医学や東洋哲学の基礎にもなっている「陰陽五行」は、「陰陽」という、相反する大きなエネルギー(目には見えないもの)が生み出した、自然界の「5つの物質=五行」(目に見えるもの)と、その物質の循環を表したもの。

この自然界の物質の循環は、四季の移り変わりや、時間の循環、人間の臓器(経絡)の循環、心の状態とも連動していることを同時にあわらしてくれています。つまり目に見える自然界と人体が繋がっているということを陰陽五行は教えてくれているのです。

 

 

不調や病気の原因を見つけ、
根本的な解決を目指す

陰陽五行の「相生・相克」という関係をよく理解していくことで、不快な症状の原因となる臓器(経絡)、その臓器を改善してくれる臓器(経絡)と
お食事の方法がわかってきますので、不調に対して、薬だけに頼らない、対処療法に終わらない、根本的な解決策を見つけ出すことができるようになり、普段のお食事で解決、軽減できるようになっていくのです。

全ての臓器と全ての季節について学んでいただくことで、ゆっくりとですが、体質の改善や不調の改善を実感できる様になり、フードセラピーの効果を実感していただけるようになってくることでしょう。

 

 

太陽と月のリズムに
シンクロしながら

心と体を癒すフードセラピー

五行は私たちの臓器(経絡)と季節とも連動しています。季節ごとに臓器(経絡)を労るお食事を学んでいただく中で、「いつからが春で、いつから夏?」そんな疑問をお持ちになるかもしれませんね。季節の感覚は、実は多くの方が「体感」で意識していますから、「みんなはまだ寒いというけれど、私は寒さに強いからもう気分は春ね。」「子供が夏休みに入ったから夏が来たと感じる」など、その感覚には個人差があります。

そんなことからも、フードセラピーの講座では、太陽の動きと月の動き、そして陰陽五行を一緒に感じることができる陰陽五行の変形版、「五行土王説」の図を「季節のものさし」として使っていきます。

 

陰陽五行の変形版である、「五行土王説」は中心に五行の「土」を配します。土は太陽のめぐり月の運行の中心。回転するコマの軸のようなイメージですね。太陽のめぐりと月の満ち欠けがもたらす、季節の動きと月の満ち欠け。それと連動した五行の季節のめぐりと人体のめぐりを全て同時に見ることができるようになるのです。

 

食が変われば、
心も体も生き方も変わってくる!

陰陽五行をベースに、太陽と月という、地球にもっとも身近な天体たちが繰り広げる美しいリズムに沿って、食べ物を選び、食べ方を選び、時にはプチ断食もしながら暮らすことで、より自然体に近く、体にも心にも無理なく自然のリズムに共鳴、シンクロしていくことで、あなたの細胞の一つ一つのエネルギーが高まっていきます。そして、何よりも深い安心感に支えられていきます。自然をお手本にすると、「心と体にどっしりとした芯ができるような感覚」になって、何事にも「ブレない」けれど、「しなやかな」心持ちになることができます。心が変わり、体が変わり、暮らし方も生き方もきっとあなたの思うように変わってくることでしょう!

 

 

講座一覧

■五季のめぐりと心身のめぐり講座

  • 開催日時  毎月1回(全6回)
  • 受講時間  約3時間/1回(季節のマクロビスイーツつき)
2020年4月開講
春期生の募集を開始しました!
詳細はこちらから

 


■月の満ち欠けと心身のめぐり講座

  • 開催日時  不定期1回(基本的には「五季のめぐりと心身のめぐり講座」の後に開講します)
  • 受講時間  約3時間/1回(季節のマクロビスイーツ付き)

 

こんな方におすすめです

  • 常に体の不調を抱えているが、何が原因なのかわからない方。
  • お医者様やお薬に頼る前に、食べ物でご自身の体を整えてみたい方。
  • お食事よる体質改善にご興味がある方
  • あふれる食の情報に左右されないブレない心を保ちたい方
  • 自然なお食事によるダイエットにご興味がある方
  • 自然食にご興味がある方
  • 食と心の関係についてご興味がある方
  • 陰陽や陰陽五行について知りたい方
  • マクロビオティックのお食事にご興味のある方
  • マクロビオティックの理論について学びたい方、復習したい方
  • 旧暦や昔ながらの暮らしの知恵などに興味がある方

 

 

受講生さまの声

2019年は2ヶ月に1回のペースで講座を実施。偶数月に実施する回と、奇数月に実施する回で開講しました。
アンケートにご協力いただいた方々からのご感想を一部ご紹介します。

 

奇数月の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

偶数月の皆さん

 


 

 

 

 

陰陽五行とは何か?を知りたくて、今回の受講で”?”だったことが少しづつクリアになりました。色々なことが線でつながり、最終的には一つのことに繋がるところに、面白さを感じました。人間が自然界の一部、もしくは宇宙の一部であることを強く感じました。そこからの体のケアや食事への対応、
奥が深いですが、取り入れていくことで、さらに日々の生活が豊かになると思います

東京都 由紀子さん

 


内容量が深い。今までなんとなく知っていたことがより理解を深められました。素晴らしい講座です。全ては繋がっていると、改めて思いました。

新潟県 陽子さん

 

 


まず、陰陽五行について、漠然としたものでしかイメージできなかったのですが、三知代さんのお話とわかりやすい資料で理解が深まったと思います。
宇宙、自然、人間が一体となっていて普遍的な物だと知り、奥が深いと思いました。
〜中略〜
食については、私の花粉症の原因がわかりました。症状だけで「これを摂れば良い」などといったものではなく、もっと全体をみていかないといけないと思いました。本当に奥が深くて素晴らしい内容だと思います!マクロビスイーツもおいしかったです。

千葉県 かおりさん

 


更年期以降の方へ、内臓の位置を正し、基礎代謝をアップさせる痩せやすい体質を作る美容矯正トリートメントをやっています。
解毒を促し、代謝をアップさせるために、内臓(肝・脾・副・腎・肺・心)の順で操作していくのですが、なるほど中身が詰まっている五臓にアプローチしていくのだと知り、とても嬉しくなりました。理解することが出来、大変勉強になりました。自分が行っている手技にも自信を持つことが出来ました。本当にありがとうございました。

東京都 明日香さん

 

 

お申し込み・お問い合わせ

お申し込みはこちらから

お問い合わせはこちらから