世界でたった一つ。
あなただけの自然香水

自然の香りって素晴らしい!

私たちの周囲にあふれる「匂い」は、嗅覚を通して、瞬時に「本能」に直接作用し、私たちの心と体、精神にも作用することがわかっています。

合成香料だけで作られた香水、柔軟剤、洗濯洗剤などは、「食」で言えば、化学調味料や化学的に合成された、甘味料や着色料のようなもの。強い印象、長時間、広範囲に渡り香り続ける強くキツイ匂いが特徴です。

その強い香りは、めまい、吐き気、湿疹、うつ状態を引きおこすなど、「香害」と言われるような被害をもたらすこともあるのです。

レッスンで使う精油は、大地に育まれた芳香植物から抽出された、自然の香りが凝縮された100%天然の香り。

天然100%の自然の香りにはその植物のエネルギーも同時に写し取られています。香りと同時に植物たちのエネルギーもブレンドして創る自然香水は、私たちの心にも体にも精神にも素晴らしい効果と力を与えてくれます。

大地に足を置いた時、自然の風に身を任せた時、自然の花の香りを愛でる時のように、私たちをありのままの自然な状態に戻してくれる、素晴らしい香料なのです。自然な香りをまとうことは、強い合成香料からのストレスからあなたを解放し、あなたの自然な魅力をさらに引き出してくれることでしょう。

 

精油は1つだけでも
「自然が創り出した香水」です

精油は「芳香分子」と呼ばれる「香りの成分」が集まってできています。精油は、たった1種類の中に200〜300ともいわれる芳香分子が集まって一つの香りを構成しています。市販の香水は、主には合成香料をブレンドして作られていますが、精油は自然そのものの状態で様々な分子が集まっていますので、たとえ1種類の精油でも「大自然が創り出した香水」と言えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オーケストラの指揮者のように
精油のハーモニーで香りを創る

オーケストラは、様々な音色を奏でる楽器の集合体です。一つ一つ音色の違う楽器にはそれぞれの役割があり、楽譜に描かれた音の長さ、強さ、表情に合わせて美しい音楽を奏でていきます。音楽は時間とともに変化する旋律で表現され、聴く人に感動をもたらしてくれます。でも美しい音楽になるかどうかは、オーケストラの指揮者の役割がとても大切ですよね。自然香水を創ることは音楽とよく似ています。一つ一つ違った香りを持つ精油に役割を持たせ、香りの強さ、香り立ち、滴数などに配慮しながらブレンドし、イメージ通りの香りを創り上げていきます。出来上がった香水は時間とともに違った表情で薫り、あなたの心に安らぎと感動を与えてくれるでしょう。自然香水を創り上げる「香りの指揮者」となってたくさんの香りを創り上げていきましょう。

香りを奏でる楽譜、
ブレンドの設計図=「調香法」

いくら良い指揮者でも、また素晴らしい楽器の演者がいても、良い音楽を奏でることはできません。音楽を奏でるには「楽譜」が必要なように、精油をブレンドしていく時にもブレンドしていくための指針、「楽譜」が必要になってきます。それは「香りの設計図」とも言える調香法です。

troisが採用しているのは、「クラシックメソッド」という調香法。1960年代に天然香料や精油を中心に数々の素晴らしい香水を製作していたジャン・カールなどが採用してきた調香技術です。

この調香の方法は、まず、イメージする香りの基本となる2種類の精油=「基調剤」を選びとり、心地よい良い香りのバランスを見つける作業=「アコードをとる」という方法で、その香りの骨格となる「新たな香り」を創ることから始まります。

「アコード」とは、音楽用語で「和音」または「調和のとれた、ハーモニーの取れた」などの意味があります。香りにも音楽のように、「楽譜」と、美しい「ハーモニー」があってこそ、心地よい音楽=香水が生まれるのです。

この「基調剤」に対して、「調和剤」「保留剤」「変調剤」「ヘッド」など、役割を持たせた精油を順を追ってブレンドし、アコードを取る作業を繰り返していきます。レッスンではこのアコード練習を続けながら、様々な香調を再現していくことで香りを構築する調香法の経験値を上げていきます。

世界でたった一つ。
あなただけのオリジナル自然香水

このようなレッスンの段階を経て、最終回では、ご自身のイメージを元に、自然香水を創り上げていきます。精油選びから、アコード取り、最終的な香りとして仕上げるまでの精油のブレンドも生徒様ご自身で仕上げていただけるようになることを目的としています。出来上がった自然の香り100%の香水は「世界でたった一つのあなただけの自然香水」あなたの大切な宝物になってくれることでしょう。

香水ブレンドのコンテストに出品してみたい、他協会で資格をとったけれど、ブレンドについて迷いがある、資格を取る前に調香の基礎を学んでみたい、という方にもお役に立てる内容になっています。もちろん、アロマテラピーは全くの初心者の方でも楽しく学んでいただけるような内容になっていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

カリキュラム

「基礎編1回+応用編全5回」の全6回。「プレ基礎講座」を加えてご受講になる場合は全7回になります。

「プレ基礎講座」は、アロマテラピーが全く初めての方、もしくはアロマテラピーの基礎について再度確認したい方向けとなっています。各種アロマテラピー協会で学ばれたことがある方や有資格者の方など、アロマテラピーや調香の基礎的な知識をお持ちの方は「基礎編」からのご受講をお勧めします。

■プレ基礎講座:
*座学のみ:
・アロマテラピーとは
・アロマテラピーの歴史
・精油についての基礎知識
・嗅覚の仕組みと作用
・調香についての基礎知識  など

 

■基礎編:
*座学・自然香水作りについて
・調香のポイントと注意事項
・調香の設計法
・香水についての基礎知識

*実技:
・アコード練習① 似た香調同士、揮発度が違う精油でのアコード練習
・アコード練習② 香調、揮発度が違う精油でのアコード練習
・アコード練習③ トップとベースのアコード練習
・アコード練習④ 2種類以上の精油でのアコード練習
・オードトワレ制作

 

■応用編1:
フランキンセンスを基調剤としたアコードの復習と調香

■応用編2:
市販香水の調香再現ー①
シプレーノート(グリーンノート・シプレーノート)

■応用編3:
市販香水の調香再現ー②
シトラスノート(シトラスミント・シトラスフロリエンタル)

■応用編4:
市販香水の調香再現ー③
フローラルノート(ローズ調・オリエンタル調)

■応用編5:
オリジナル香水創り(最終回)

※講座は各回とも約2時間を予定しています。
※カリキュラムの内容は予告なく変更になる場合がございます。

 

 

レッスンスタイル

1〜2名様までの少人数レッスン

調香はとても繊細な作業です。香りとじっくり向き合っていただくため、ご受講の際は個人レッスン、もしくは2名様までのご受講とさせていただいています。

自由にレッスン日が選べる

レッスンは生徒さまのご都合に合わせて、その都度次回のレッスン日のご予約をとっていただくスタイルです。無理なく、ご自身のペースでレッスンをご受講いただけます。

 

ご受講生さまの声

 

 

 

 

 

 

 

 


前川 朋子様
  <基礎編・応用編ご受講>

たくさん精油を持っていたので、香料として活かしたいと思っていました。
イメージ通りの香りを創れるようになりたいと思っていたのでこの講座を受講しました。
シトラス、フローラル、グリーンの香調を創るレッスンのおかげで、最後に自分のイメージ通りの香りを創ることができたと思います。
また、基礎編で一つ一つの香りを記憶に留めるシートがあったことで、オリジナルの香りのイメージを表現するのにとても役立ちました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

C.N様  <基礎編・応用編ご受講>
「香り」には目には見えないけれど、香りが持つストーリーや世界観があると感じていました。
自分のオリジナルの世界観を、絵画を描く様な感覚で「香り」をツールに表現してみたいという思いから受講しました。
レッスンの中で、「同じ様なブレンドでも調合する順番や滴数がちょっと違うだけでも違う香りが出来上がる」ということに
気づいたことは本当に驚きでした。また、どんな香りを創るか、どんなブレンドでそれを表現するか、という作業は、自分自身を見つめ直すことや新しい自分を発見することにつながって行きました。

 


成田淳子様 <プレ基礎講座・基礎編・応用編ご受講>

クラシックメソッドの調香に香味があり、受講を決めました。三知代さんの香りのセンスにリードしていただきながら、自分でも納得できる香りをレッスンごとに調香することができるようになり、とても嬉しかったです。半年に一度、年に一度など、復習レッスンなどを実施していただければ嬉しいです。

受講料

■プレ基礎編:
・座学のみ全1回
・講座時間:約1時間30分
・ご受講料:5,000円(テキスト代込み)

 

■基礎編
・座学と調香実技 全1回
・講座時間:約2時間
・ご受講料:8,000円(テキスト・実習材料費込み)

 

■応用編
・座学と調香実技 全5回
・講座時間:各回とも約2時間
・ご受講料:各回ごと8,000円(テキスト・実習材料費込み)

 

お支払い方法

レッスン当日に現金にてお支払いいただきます。

 

お問い合わせ・お申し込み

随時募集中です。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ・お申し込みはこちらから